アジ@金沢八景忠彦丸

昨年秋以来、色々とあって、寒冷期を過ぎてシーズンになっても、どうも釣りをする気になれたなかったが、この度、いつもの釣り仲間に誘われて初心者用のライトタックルアジを狙うことにした。


朝方小雨が降る中で天気が心配されたが、気象情報を見る限り、本日は前線が北上して南部ほど晴れると言っていたので、朝が小雨ということは南に向かうほど雨量は少なくなるので、むしろ晴れて日焼けするほうが心配だった。
0745に河岸離れして直ぐ沖のポイントに向かって3匹ゲット。サバも太いのがあがったので、そのままキープ。
その後、八景沖の割と沿岸に近いところを狙って船頭さんはポイントを探ってくれた。しかし無線を通じて聞こえてくる声は、「いやぁ、いねぇなぁ」と魚が集まらない状況を嘆く声。こちらが少しでも釣れれば僚船がよってくる状態だった。
もう一つの悪条件は、風がやや吹いており、うねりこそないものの白波が立っていたので、なるべく波と風を避けるようにポイントを探してくれたようだ。蒸し暑い日だったが、日差しはたまにある程度で、風があっただけ涼しかった。
結局、皆さん10匹くらいで終わってしまったようだが、シロギスやカサゴなども外道で混じり、それなりに楽しまれたようだ。自分はサバ1、アジ12とシコイワシ24という情けない釣果だったが、LTアジ仕掛けでそれなりに大きなサバをクッションゴムも使わずに取り込めたので、これまた満足だった。
帰路の環八は週末の混雑が嘘のように流れていた。いつものように往復を運転してくれた井指君にお礼。
今回は遊びでGPSを持っていった。あとで見たら正午でバッテリーが切れており記録が途切れていた。しかし、午前中の動きは丹念に記録されており、またの機会にでもアップしたい。

Related posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


計算式を埋めてください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.