証明と論理に強くなる

証明と論理に強くなる

小島の数学書はとても分かりやすく解説しようという意欲を感じさせるが、手抜きをしていないので、それなりに理解できてしまうところが却って脳に心地よい疲労感をもたらす。

別に読んだブルーバックス「数学にとって証明とはなにか」に刺激され、本書に至った点では、自分にも少しは勉強しようという意欲があるということか。

本書は数学というよりは論理式を使った証明の方法のこれ以上にない分かりやすく噛み砕いた解説書。

記号としての数字と、数という意味との接点から、演算をどのように説明するかという論理式は、なかなか読ませる。

サブタイトルにある「ゲーデルの門前」は何のことやら。

Related posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


計算式を埋めてください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.