リスクコミュニケーション 多様化する危機を乗り越える

リスクコミュニケーション 多様化する危機を乗り越える

https://www.heibonsha.co.jp/book/b596103.html

リスク・コミュニケーションは危機管理における4つの機能のうちの一つである。他はインテリジェンス、セキュリティ、ロジスティクスである。

危機管理は階層構造で捉えるべきで、自助ー互助ー共助ー公助である。

リスク・コミュニケーションとはリスクが顕在化する前に対処するものであり、実際に有事となった場合にはクライシスコミュニケーションが求められる。

危機管理には全ての事象を想定して対処するというオールハザードアプローチが必要で、我々はリスクを選ぶことはできない。具体的な対処は各ハザードに対して学際的方法(都市工学、心理学、経済学、法学、情報学などなど)方法で検討される。

Related posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


計算式を埋めてください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.